fbpx

AR/AR MARKETING

ABOUT AR

VRとの違い

AR/VR
AR
VR
イメージ図
概要
現実の世界にデジタルデータを出現させることで、現実世界を拡張し、情報を補完することが目的現実世界と切り離された仮想の世界を体験することが目的
利用機器
スマホ・タブレットまたはARグラス
VRゴーグル
コスト
没入感
イメージ図
AR
VR
概要
AR
現実の世界にデジタルデータを出現させることで、現実世界を拡張し、情報を補完することが目的
VR
現実世界と切り離された仮想の世界を体験することが目的
利用機器
AR
スマホ・タブレットまたはARグラス
VR
VRゴーグル
コスト
AR
VR
没入感
AR
VR
弊社はスマホ1つで体験できるARコンテンツの制作に長けています。

FEATURES

ARの特徴

「見る」だけでなく「体験できる」ARは、体験型コンテンツとして、商品やブランドの訴求力やエンゲージメントを高めることができます。

非接触でアクセスしやすい

ARはスマホやタブレット1つで体験することが可能なため、実店舗に行く必要がなく、どこからでも体験できます。新型コロナウイルスなどの感染症の流行や距離といった問題も関係なく利用できます。

リアルな体験

従来のマーケティングで使用されてきた画像や動画といった2Dの視覚のみの情報だけでなく、立体的(3D)に情報を届けることができるため、臨場感が味わえるリッチでリアルな体験をさせることができます。

感動させる・心に響く

あっと驚くような表現ができるARコンテンツは、「感動・心に響く・記憶に残る」といった訴求力を高める事ができます。そういったコンテンツは、シェアや拡散を生みUGC(ユーザー生成コンテンツ)にもつながります。

ブランド世界に入り込める

ARは、現実とデジタルデータの融合とも言えます。 自分がブランドの世界に入りこんだかのような体験ができるARコンテンツは、ブランドや商品のストーリーテリングに効果的です。

嫌われない広告

AR広告はエンタメ要素が強い体験型コンテンツであるため、嫌われない広告になります。そのような広告は、ブランドイメージを傷つけずクリック率を上げることができます。広告自体がコンテンツなため、“シェアされる広告”になります。

O2Oとの相性が良い

ARを活用したキャンペーン施策等により、オフライン(SNS・WEB)からオフライン(店舗や観光地)への集客、またオフライン(店舗)からオンライン(SNSアカウントやHP)への誘導も可能です。

MARKETING

ARマーケティング

ARは、販売促進やエンゲージメント向上やイベント活用など、企業のマーケティング活動に非常に有効な手法になります。

プロモーション

(販売促進・キャンペーン)
商品の3DCGに説明文や音声ガイドを追加することで、商品やブランドの情報をより深く伝えることが可能です。 例えばリビングに購入を検討している家具の場合、サイズや配置時の雰囲気等のイメージを持たせることが可能です。

ブランディング

(認知・ファンエンゲージメント向上)

企業に関するもの(キャラクターやロゴ、世界観)を使用したARコンテンツを制作することで、ブランドの認知を広めたりファンエンゲージメントを向上させる事が可能です。

イベント

(リアル/オンラインイベント・デジタルギフト)
イベントの参加者に楽しんでいただけるARコンテンツや、ギフトを受け取った人にしか見ることのできないオリジナルの3DCGやメッセージを入れたARコンテンツを制作することができます。

ARの用途は、企業のマーケティング活動をはじめ多岐にわたります。
業界や使用目的によって、制作するコンテンツも様々な種類があります。

業界別活用事例やARコンテンツを種類別に記載した資料もご用意しております。
ARが持つ無限の可能性を感じてください!